車買取 Ullcar TOP車買取のアレコレ > 隠しておきたい事故歴

事故歴修復歴の評価

車を査定する際に、事故歴修復歴があると必ず査定に影響が出てきます。
中古車の購入を考えている人でも、できるらな修復歴のある車は敬遠したいと考えますので、買い手がつくことは少ないでしょう。
買い手がつかないのでは、中古車販売会社は利益が出ません。利益が見込めない車を高く買取るようなことはしませんので、事故歴修復歴のある車は査定額が低くなります。
当たり前の事ですが、事故歴修復歴を隠していてもいいことはありません。査定をし、見積もりを算出するのは、査定士という資格を持ったプロが行いますので、事故歴修復歴ほどの跡なら確実に見つけてしまいます。
査定額を上げたいと思うのは仕方がないですが、そこはタイミングを見計らって正直に、どの箇所をどのくらい修復したのかを伝えましょう。

事故歴修復歴と事故車はベツモノ

修復の度合いによって、販売をする際に事故車として扱われるかそうでないかが変わります。
事故車と判断される場合というのは、何らかの事情(衝突事故など)で車の骨格に当たるフレーム部分が欠損・変形している、またはそれにより交換をしたことがある場合です。
フレーム部分というのは車の走行や耐久性に影響するので、安全性の問題からフレームに修復歴がある車の評価は低くなります。

視点を変えてみると、単純に事故を起こしたというだけでは事故車とはならないことに気付くでしょう。
つまり、事故を起こしたけれども車の損傷の度合いは低く、ボディがへこんだ、ヘッドライトのカバーが割れた、サイドミラーが吹っ飛んだというだけなら事故車として扱われません。
事故車と判断されてしまうと査定の評価がぐんと下がりますが、軽度なキズやヘコミ程度なら査定額が大きく変わることはないのです。