車買取 Ullcar TOP車買取のアレコレ > ボディカラーによる違い

車体のカラーの違いによる評価

見積もりの際の重要な項目にボディカラーがあります。
中古車に限らず人気のある色は

  • 1位:ブラック
  • 2位:パールホワイト
  • 3位:シルバー
  • 4位:イメージカラー

となっています。
若者にダントツの人気のブラック。年齢を問わず安定した支持のホワイト。中高年の渋さのシルバー。といったところでしょうか。
イメージカラーというのは、パンフレットやCMに使われる車の色です。その車のデザインが最も映えるとディーラーが考えたものです。
広告として多くの人の記憶に残っているので、奇抜なグリーンや黄色といったカラーでも出荷量が多めになるといわれています。

ボディカラーによって買取額は大きく異なる

  • ブラック:+10~15万円
  • パールホワイト:+10万円前後
  • イメージカラー:-5万円

上記の金額の誤差は、シルバーを基準にしたものです。もちろん査定を行う会社によって色による評価の仕方は違っていますので注意をしてください。
また、人気のカラーでないからといって人気色に塗装をするなんてことはしないでください。
塗装のための料金が査定額に上乗せされることこはありませんし、ディーラー指定のカラーを再現することは大変難しく微妙な色の違いが生じますので純正と同じような評価は受けられません。
むしろ評価が下がってしまうことが多いでしょう。

ボディカラーは走行距離や所持期間によって変わることはありません。いうなれば、購入時に決定されてしまう査定項目です。
車の購入時にすでにその車の数年後の査定について考える人はあまりいないと思われますが、強いこだわりが無いのであれば無難に人気色を選んでおいて間違いはないでしょう。