車買取 Ullcar TOP車買取のアレコレ > ローン返済中に売る

ローンの残っている状態でも売却は可能?

車を購入する方のなかでローンを組んで購入する場合、そのローンを完済するまでは車検証の所有者名義はディーラーや購入店舗、ローン会社になっています。
また、完済していても自分の名義にするには所有者解除をし、変更する手続きをしないといけません。

返済中に車を売る場合

ローンを完済しないと名義は自分のものになりません。つまりローン返済中は他人の車に乗っているようなものです。
他人のものを勝手に売ってはいけないで、車も売却することは不可能です。

完済している場合

所有権解除の手続きをしていない限りは、その車はディーラーやローン会社の持ち物となりますので、売却はできません。
手続きをして自分名義にする必要があります。

しかし、建前上は上記のような仕組みになっていはいますが、返済中でも中古車買取店では売却が可能です。
ローンの残債に査定金額を充当し完済扱いにしてくれ、その際のあまった金額が買取金額として手元に戻ってきます。その後の名義変更は中古車買取店が代行してくれます。
査定額が残債に足りなかった場合にも、ローンの組み換えを行ってくれますので、実際には売却ができきてしまうのです。
必要な書類も買取をしてくれる店舗で用意されるので、実印と印鑑証明など指示されたものを持って行き、記入捺印するだけでOKです。